肌荒れと医療脱毛とは

カミソリ負けになる人は医療脱毛

カミソリ負けの人こそ医療脱毛

ムダ毛処理でカミソリを使うと、肌が赤みを帯びたり軽い痛みが残る場合があります。いわゆる「カミソリ負け」です。見た目に痛々しく不快感を伴うので、頻繁にムダ毛処理をする女性にとっては悩みの種です。医療脱毛を考えている人も多いでしょう。

ムダ毛を処理するためにカミソリを滑らせると、刃が肌表面の角質層をわずかながら削り、目に見えない細かな傷をつけます。この刺激がカミソリ負けの原因になるのです。特に敏感肌で刺激に弱かったり、ムダ毛の量が多くて剃る時に力を入れてしまう人ほど多く発生します。

カミソリ負けを防ぐには、正しいムダ毛処理を行うことが重要です。例えばカミソリの刃は常に新しいものを使います。1箇所につき剃るのは1回であり、そのためにも切れ味の良い刃の方が望ましいのです。黒い剃り跡が気になっても、何度も剃ったり逆剃りをするのは避けましょう。

剃る前には肌を十分に温めて毛穴を開き、必ず専用のシェービングクリームを使います。入浴時は確かに温めやすいですが、衛生面を考えると浴室よりは室内で蒸しタオルを宛がって剃る方が、カミソリ負けを防げます。剃り終わった後も化粧水や保湿クリームをすぐに付けて、しっかり保湿してあげましょう。

体調が良くない時は肌が敏感になっているので、ムダ毛処理を控えた方が無難です。特に女性は生理時も黄体ホルモンの影響で同様に肌が弱り、皮脂の過剰分泌によるニキビやシミなどのトラブルを起こしやすいのです。

こうしたリスクがあり、それでもきれいに処理できないことを考えると、ムダ毛は医療脱毛した方が処理の手間を省けるだけでなく、肌への負担が確実に軽減されます。カミソリ負けに悩むなら前向きに検討したいものです。

Copyright © カミソリ負けになる人は医療脱毛. All rights reserved.