肌荒れと医療脱毛とは

医療脱毛が出来ない人はいるのか

医療脱毛が出来ない人はいるの?

医療脱毛には痛みやリスクが伴います。そのため、何らかの症状を理由に医療脱毛が出来ない人もいるのです。それでも技術の発達や独自の対応により、多くのクリニックが施術を避けるような症状の人に医療脱毛を行うところはあります。その代わり普通よりもリスクが大きいことを承知するべきでしょう。

例えば日焼けして肌が黒くなってしまうと、レーザーがメラニンに反応するので、思わぬ火傷を引き起こす可能性があります。けれども「ヤグレーザー」なら、黒い色にあまり反応しないので、日焼けしても施術を受けられる場合があります。

妊娠中も判断が分かれるところです。ホルモンバランスの影響で肌の状態が不安定になり、万が一トラブルが発生しても、胎児への影響を考慮して薬が使えないことがあります。ただしレーザー自体が胎児に影響を与えるわけではないので、カウンセリングを通して可能な範囲で施術するクリニックもあります。逆に生理中や授乳中の医療脱毛すら断るところもあるのです。

他にも膠原病やバセドウ病のような自己免疫疾患の人、ケロイド体質の人、ステロイドを服用している人は、施術によってトラブルが発生する可能性が高いので、対応していないクリニックがほとんどです。また、美容整形でリフトアップに金の糸を使うなど、金属製のものを使っていると、レーザーが反応する場合があります。

肌荒れの状態もクリニックによって受け入れる度合いが異なります。既に肌が荒れていると完治するまで施術できないところもあれば、どんなに酷い乾燥肌やアトピーであっても行うところもあります。クリニックに皮膚科を併設しているなら、同時に対処してくれるかもしれません。カミソリ負けくらいなら、どこのクリニックでも脱毛してくれるので、安心して大丈夫です。

Copyright © カミソリ負けになる人は医療脱毛. All rights reserved.