肌荒れと医療脱毛とは

医療脱毛なら肌は荒れない

医療脱毛で肌荒れを防ぐ

カミソリ負けするほど肌が弱い人にとっては、医療脱毛でも肌荒れするのではないかと心配になります。実際に医療脱毛では高出力のレーザーを照射するので、熱に肌が耐えられないかもしれません。

確かにレーザーを照射した直後は、一時的に肌が火照ります。日焼けのように軽い火傷を負った状態です。けれども医療脱毛はクリニックで行われるので、何らかの問題が発生した時にはすぐに医療処置ができます。こうしたアフターケアがしっかりと行われれば、跡が残る心配も少ないでしょう。

最近はマシンの性能が向上して、レーザーを照射しながら冷却できます。もし、レーザーの痛みに耐えられない場合は、出力を弱めることも可能です。

医療脱毛を行うクリニックは、全国各地に数多くあります。ほとんどのところで無料のカウンセリングを行っているので、肌荒れが気になるなら事前に確認すると良いでしょう。良心的なクリニックほど、質問に対して詳しく答えてくれます。

クリニックの選び方として、どのようなマシンを使っているかも重視したいところです。同じレーザーでも得意とする毛の量や性質は異なるからです。複数揃えていれば、自分のムダ毛に合ったマシンを選べます。できれば最新のマシンの方が肌にかける負担は少なくて済むでしょう。クリニックの中には、お試しで実際にレーザーを照射してくれるところもあります。肌荒れする人ほど利用しておきたいものです。

費用はワキや口周りで1回あたり数千円、背中など範囲が広くなると数万円にもなります。完全に脱毛できるまでは5回以上通わなければいけないので、実際は数万円から十数万円かかります。ただし、あまりに安価だと十分な処置が行われないかもしれません。肌荒れを気にする人ほど、費用で妥協しないよう注意しましょう。

Copyright © カミソリ負けになる人は医療脱毛. All rights reserved.