肌荒れと医療脱毛とは

医療脱毛はどの部位でも出来る?

医療脱毛の可能部位とは

今や技術の発達で、医療脱毛におけるレーザーの照射はピンスポットで行えるようになりました。かつて不可能だった箇所も施術できるように進化しているのです。それでも出来ない部位がいくつかあります。

例えば「粘膜」です。皮膚と違ってデリケートな部分なので、レーザーを照射できません。唇や性器などが該当します。粘膜そのものに毛が生えることはありませんが、「ハイジニーナ(VIO)」のように粘膜ぎりぎりまで処理したい時は、クリニックによって断られる可能性があります。

黒子(ほくろ)のような黒い部位も、メラニン色素にレーザーが反応するリスクがあるので照射できません。紫外線の影響で肌が黒くなってしまった場合も施術が出来なくなります。目も同じリスクがあるため、顔周りの脱毛を行う時はゴーグルを付けて、レーザーが入るのを防ぎます。これに伴い、目に近い眉毛は脱毛の対象外となります。出来ても眉毛の外側1㎝が限界です。

こうしたレーザーで脱毛できない箇所については「ニードル(針)」で脱毛するクリニックもあります。毛穴に針を刺して電気の力で毛乳頭を処理しますが、レーザーとは比べ物にならないほど強烈な痛みがあります。

いずれの方法にしても肌の状態が悪ければ施術できません。既に肌荒れしていたり、極度の乾燥肌や敏感肌、アトピーなどのアレルギーがある場合は断るクリニックもあります。先に皮膚科で治療した方が良いでしょう。皮膚科のあるクリニックなら、合わせて診てもらえます。

それ以外の部位であれば、どこでも医療脱毛は可能です。目立つムダ毛だけでなく産毛なども脱毛できます。こうした細かい毛でも処理すればカミソリ負けになり、そのままにしておくとニキビの原因になります。施術を受ける前には、カウンセリングを通して、どこのムダ毛をどのように処理するか、しっかりと相談しましょう。

Copyright © カミソリ負けになる人は医療脱毛. All rights reserved.